胃潰瘍とは一体どんな病気?

胃潰瘍とは一体どんな病気?

現代人がかかりやすい厄介な病気の一つに胃潰瘍があります。
胃に穴が開く病気という認識を持たれがちなのですが、穴が開くのは相当重症化した後のことで、初期の段階では胃の不調や爛れという程度におさまります。
鳩尾辺りに強い痛みを感じるようになり、胸焼けや吐き気、ゲップなどの症状に繋がっていきます。
中には無痛であるケースもあるので痛みがないから病気ではないと考えてしまうのはとても危険です。
重症化すると真っ黒な血を吐いたり、真っ黒な便が出たりし、最悪の場合は死に至ります。
通常は投薬治療で完治するものですが重症化すれば入院治療が必要となるため、侮っていると命を落としかねないのです。
胃の不調を感じたらすぐに病院へ行って治療を受けるようにしておくと、治療期間を短縮させ、命の危険がなく完治を目指すことが出来るようになります。

胃潰瘍の原因は?

胃潰瘍の原因は?

そもそもこの胃潰瘍は何故起こるのかと言うと、ピロリ菌によるものが7割とされています。
このピロリ菌に感染をしてしまうと胃がんのリスクが20倍にも跳ね上がる厄介な菌です。
胃は食物を溶かすため強い酸性で保たれていますが、ピロリ菌は強い酸の中で生活をしているので身を守る術として尿素で酸を中和し溶かされないようにしています。
胃は自らの酸で溶かされないように粘膜で保護しているのですが、ピロリ菌が中和をする時に作り出したアンモニアが胃の粘膜を傷付け、そしてピロリ菌が出す毒素が更に胃の粘膜を傷付けて慢性的な潰瘍に繋げるのです。
病気を発症させる引き金になるのは生活習慣であり、ストレスや喫煙、暴飲暴食などが要因となって病気に発展をさせてしまいます。
ピロリ菌がない人であってもこの病気にならないわけではないので、日頃からきちんとした生活を整える必要があるのですがなかなか難しいのが現状と言えます。
そのような時に飲んで欲しいのがプラセンタサプリです。

プラセンタサプリは胃の状態を整えてくれる

プラセンタには異常な状態を正常に整えるようにと指示を出す調整機能が整っています。
ピロリ菌そのものに指示を出すのではなく傷ついた胃の粘膜を修復するために体に働きかけ、細胞分裂を活発化させて胃の粘膜を素早く修復してくれるのです。
また、重症化してしまい傷や穿孔してしまった胃壁の修復にも一役買ってくれるため、胃の状態を正常に整えてくれます。
胃の状態が正常に保たれており、なおかつピロリ菌の攻撃よりも修復の方が早ければ潰瘍も重症化しませんし治療薬との相乗効果で治りも良くなっていきます。
プラセンタそのものにピロリ菌を攻撃する力がないですから、どうしても薬の力が必要になりますのでピロリ菌が原因のものであれば投薬治療と並行をしてプラセンタサプリを飲んだ方が良いでしょう。
ただし薬との飲み合わせもありますからお医者さんと相談をしてから飲むようにして下さい。

胃潰瘍の原因に繋がる要素を排除してくれる

胃潰瘍の原因はピロリ菌ばかりではなく、純粋にストレスによるものもあります。
ストレスによる潰瘍は菌による攻撃ではなく、胃の粘膜の下にある欠陥が収縮することによって起こります。
人間はストレスを感じると交感神経が興奮して血管の収縮を起こします。
欠陥が収縮すると思うように栄養が胃に流れず、胃酸の分泌に乱れが起こりその結果空腹時に自分の胃を溶かして吸収しようとしてしまうのです。
慢性化すると常に収縮状態が続くので胃に何もなければ胃を溶かそうと頑張ってしまいます。
プラセンタは興奮しきった交感神経をなだめ、正常な範囲で作用するようにと促してくれますし、血管の収縮を緩めて正常に活動をするようにもしてくれます。
ストレスの緩和に繋がる動きをしてくれるため、胃の状態も自然に良くなるのです。
ヒトプラセンタを治療薬として皮下注射し改善が見られたという話もありますので、プラセンタサプリを摂取したとしても同じように改善が見られるでしょう。

プラセンタサプリは薬と併用して使うようにしよう

プラセンタサプリは薬と併用して使うようにしよう

この病気はピロリ菌やストレスによって発症をし、自らの胃を傷付けてしまうものです。
プラセンタを使うことで胃の修復やストレスの緩和などの改善を図ることが出来ますが、やはり基本は投薬による治療が根底にあった方が良いでしょう。
サプリは健康食品の一つであり薬ではないので、サプリを飲んでいるから病院に行かなくて良いとは考えないで下さい。
ピロリ菌が由来の病気ならばピロリ菌そのものをどうにかしなければなりませんので自己判断でプラセンタに頼るのは危険です。
また、プラセンタサプリの効果を期待するのであれば、動物由来のもの、特に上質な馬プラセンタがよいでしょう。
胃の修復をしてくれるのも動物性のプラセンタ特有の成長因子が関係しています。
成長因子は細胞の活性化を促してくれるので胃の調子を整える目的には合致しています。
植物性や海洋性にはそれらの成分が含まれていないので、動物性プラセンタを選ぶようにしましょう