羊プラセンタの基礎知識を紹介!その美容効果とは?

栄養素の高さから、美肌効果抜群と言われている「プラセンタ」。主に、豚や馬、羊、ヒトの胎盤から採取したエキスを「プラセンタ」と言います。

どの動物の胎盤から摂取したかにより、その美容効果も変わってきます。

今回は、羊プラセンタの基礎知識や美容効果、おすすめの摂取方法について、詳しくご紹介いたします!

羊プラセンタとは?基礎知識を紹介します!

羊プラセンタとは?基礎知識を紹介します!

現在、日本国内で流通しているプラセンタは、ほとんどが「豚プラセンタ」や「馬プラセンタ」です。その為、「羊プラセンタ」と聞いても、あまり馴染みがないかもしれません。

日本ではあまり流通していない「羊プラセンタ」ですが、中国やヨーロッパ、北アメリカでは、豚プラセンタや馬プラセンタと同様、昔から多くの女性が愛用している、人気のプラセンタです。その美容効果は、他の動物から採取したプラセンタに劣るものではありません。

羊プラセンタは、お肌に浸透しやすいプラセンタです。

羊は、アミノ酸の組織が人間のものに類似していると言われています。これが、羊プラセンタの最大の特徴です。

人に近い組織を持っているため、人と相性が良く、お肌へも浸透しやすいと言われています。すぐにお肌になじむので、プラセンタの美容効果も実感しやすいと言われています。

羊プラセンタは、有効成分が豊富に含まれています。

広い土地でのびのびと育てられた羊の胎盤が、羊プラセンタとして採取されます。

免疫力が高い羊は、あまり病気にかかりません。感染症などにかかる心配がなく、飼育の段階で薬やワクチンが用いられることが、ほとんどありません。

そのため、羊プラセンタには不純物が混ざっておらず、有効成分が豊富に含まれた純度の高いプラセンタエキスを抽出することができます。

羊プラセンタは、安心・安全なプラセンタです。

羊プラセンタは、ニュージーランドやスイスで育てられた羊が使われることがほとんどです。ニュージーランドやスイスでは、徹底管理した中で羊の飼育がおこなわれています。

厳しい品質管理の中、ストレスのない環境で、高品質のエサを食べてそだてられた羊からは、良質で安心・安全なプラセンタを摂取することができます。

羊プラセンタの美容効果に関する知識を紹介します!

羊プラセンタの美容効果に関する知識を紹介します!

日本ではあまり出回っていませんが、有効成分が豊富に含まれ、安心安全な「羊プラセンタ」。

その美容効果をご紹介いたします。


羊プラセンタには、高いアンチエイジング効果が期待できます!

羊プラセンタは「人と近いアミノ酸組織」を持っています。アミノ酸は、美肌をキープするために欠かせない成分です。

お肌のハリや潤いを保つための「コラーゲン」。コラーゲンは、20代後半から年齢を重ねるにつれてどんどん減少していきます。その為、お肌にハリがなくなり、シワやたるみがあらわれ、お肌の老化現象が進んでいきます。

お肌のハリや潤いをキープするための「コラーゲン」は、アミノ酸で作られています。

羊プラセンタを摂取することで、アミノ酸がすぐにお肌に浸透し、コラーゲンを作ります。その為、お肌のハリや潤いがUPし、シワやたるみが目立たなくなり、若々し院層の肌をキープすることができます。

羊プラセンタが、日本で作られていない理由

羊プラセンタが、日本で作られていない理由

安心・安全で、高いアンチエイジング効果も期待できる羊プラセンタ。羊プラセンタは、なぜ日本で作られていないのでしょうか。


狂牛病問題の影響で、日本では、羊プラセンタが使用できなくなりました

数十年前まで、プラセンタと言えば豚や馬よりも「牛プラセンタ」が主流でした。しかし、2000年代の初頭に発生した「狂牛病問題」以降、牛プラセンタの使用が政府によって禁止され、その後、豚プラセンタや馬プラセンタが主流となりました。

そのときに、牛に近い「羊」「シカ」「ヤギ」などの動物のプラセンタを使用することに、全て規制が入りました。

羊にも伝染病の心配があり、原料として使うことを禁止されています

羊にも、狂牛病(BSE)と似た伝染病「スクレイピー」にかかる心配があります。人間には感染しない伝染病ですが、狂牛病(BSE)の件もあり、日本政府が、羊由来の原料を使うことに現在でも制限をかけています。

そのため、日本では羊プラセンタが製造されていません。

羊プラセンタの、おすすめ摂取方法はサプリメント!

日本では、製造されていないの羊プラセンタ。「羊プラセンタを採りたい!」という方は、海外から輸入している羊プラセンタのサプリメントで摂取することができます。

「海外で作られたサプリメント…安全なの?」と心配になる方もいらっしゃると思います。

そんな時は、ニュージーランド産の羊から摂取した「羊プラセンタ」を使っているサプリメントを選びましょう。

ニュージーランドは、BSE(狂牛病)の発生していない国です。また、一頭ごとに政府が認定書を発行し、育てる環境、餌、羊の健康状態を管理しているため、安全な高品質のプラセンタを摂取することができます。

いかがでしたか?日本では、あまりなじみのない「羊プラセンタ」ですが、その美容効果は非常に高いと言えます。今回気になった方は、成分を見極め、是非サプリメントで摂取してみてください。