プラセンタの種類と特徴

プラセンタの種類と特徴

美容や健康維持に効果がある成分プラセンタですが、プラセンタは哺乳類の胎盤から作り出される成分です。
植物プラセンタと呼ばれるものもありますが、これは厳密にはプラセンタではありません。
植物プラセンタは胎座という部分を使って作られます。
これは種が触れている部分のことで、発芽のため栄養素が豊富に含まれている部分でもあります。
動物の胎盤に近い働きをするので植物プラセンタと呼ばれています。
いっぽう、哺乳類の多くは赤ちゃんを産んだら胎盤を食べます。
これは出産によって失われた体力を補うためだとも言われています。
それほど栄養が豊富な胎盤から抽出できるプラセンタは、原料となる動物の種類よって特徴が変わってきます
市場で売られているプラセンタサプリの多くが豚プラセンタを用いて作られています。
これは豚の胎盤が入手しやすく、多くのプラセンタエキスを抽出できることが理由です。
そのためお手頃の価格で、毎日続けて使用しやすいのが魅力です。
動物性プラセンタには、他にも馬や羊の胎盤から作られたものがあります

希少価値の高い馬プラセンタ

プラセンタの中でも美容と健康効果が高いとして人気を集めているのが、馬プラセンタです。
高級な化粧品やサプリメントで使われることが多くなっています。
その理由は馬プラセンタの希少価値にあります。
プラセンタの主流である豚は1年に2回、多くの赤ちゃんを産むのに対して、馬は1年に1回1頭の仔馬しか出産しません。
利用できる胎盤の量自体が少ないので、抽出できるプラセンタエキスの量も少なくなっています。
さらに馬プラセンタは、ほかのプラセンタと比べてアミノ酸の量も豊富です。

アミノ酸には人間が体の中で作り出すことができない必須アミノ酸というものがありますが、馬プラセンタには6種類の必須アミノ酸が含まれていると言われています。
そのぶん美容と健康効果が高く、サプリメントで摂取することで効率良く体のバランスを整えていくことができます。
肌のハリ透明感乾燥などをケアしつつ、ホルモンバランスの調整や、抗アレルギー、抗炎症作用も期待することが可能です。

最高品質のサラブレットプラセンタ

最高品質のサラブレットプラセンタ

希少価値のある馬プラセンタですが、その中でも最高品質なのがサラブレッドプラセンタです。
ひとことで馬プラセンタと言っても、食用の馬や農耕馬、サラブレッドなどの種類があります。
サラブレッドプラセンタはサラブレッドの胎盤だけで抽出されたプラセンタになります。
食用の馬や農耕馬は1頭約100万円ほどです。
それに対してサラブレッドは1頭で2000万から2億円以上するものもあります。
この価格の違いが馬の飼育環境にも繋がり、プラセンタの質にも関わってきます。
サラブレッドは1頭1頭専用の獣舎に入れられ、調教師や獣医の管理のもとで飼育されます。
健康状態にも徹底して気を配り、成長を促す薬物投与もおこないません。

食用の馬や農耕馬の場合は大きな獣舎に集められ、集団で飼われるのが一般的です。
牧草や稲わらなどが餌として与えられると同時に、高い肉にするため肥満体質になるようコントロールもされています。
このような飼育環境の違いが胎盤の栄養素にも関連し、プラセンタの質にも違いがあらわれます。

日本では作られていない羊プラセンタ

日本では作られていない羊プラセンタ

プラセンタサプリには豚や馬のほかに、羊プラセンタを用いたものがあります。
ですが、日本ではほとんど流通していません。
その理由は、日本政府が国内での羊プラセンタの製造を禁止しているからです。
これは2001年に狂牛病のリスクを考えて作られたもので、牛と同じく反芻動物である羊も対象となっています。
日本では製造が禁止されている羊プラセンタですが、海外では製造がおこなわれています。
羊プラセンタを使用したいと思った場合、ヨーロッパやニュージーランドなどから輸入する必要があります。
日本では希少価値のある羊プラセンタですが、ヨーロッパやアメリカでは人気が高くなっています。
その理由は、人の胎盤と羊の胎盤が良く似ていることがあげられます。
アミノ酸の組織がとても良く似ているため、羊プラセンタは体内への浸透率が高いという特徴があります。
また、アレルギーや炎症などの心配がないのが、羊プラセンタの魅力です。

効果的に摂取するには

このように、プラセンタサプリを効果的に摂取するには、プラセンタそれぞれの特徴を理解することが大切です
馬プラセンタは希少価値が高く、中でもサラブレッドの胎盤だけを使い抽出したサラブレッドプラセンタは最高品質と言われています。
当然、サラブレッドプラセンタを服用すれば美容と健康に効果的ですが、そのぶん価格も高くなっています。
また、プラセンタサプリの主流は豚プラセンタのため、ドラッグストアで取り扱っていない場合もあるので注意が必要です。
美容効果を求める場合、馬プラセンタにこだわるのではなく、豚プラセンタにプラスしてヒアルロン酸アスタキサンチンなど、他の美容成分が配合されているものを選ぶのもおすすめです。
美容成分以外にも、にんにくエキスや鉄分、カルシウム、葉酸などの栄養を補ったものもあります。
美容と健康のためにプラセンタを摂取するなら、配合されている成分チェックして、改善したいポイントにあったものを選ぶようにしてみましょう。