プラセンタには危険性はないの?

プラセンタには危険性はないの?

現在日本国内で使用されているプラセンタには、ヒトプラセンタ、豚プラセンタ馬プラセンタがあります。

このうちのヒトプラセンタは人体の胎盤から抽出される成分で、医療機関のみの取り扱いとなり、ブタプラセンタウマプラセンタは、市販されている化粧品やサプリに配合されています。

また、以前では牛プラセンタも使用されていたようですが、狂牛病の危険性から、現在では使用されることがなくなりました。

そしてもうひとつ、海外では羊プラセンタ配合の化粧品やサプリも販売されていますが、は牛と同様の反芻動物であることから、日本国内では危険性を回避することを目的として使用が禁止されています。

では、現在日本国内で使用されているプラセンタは、どれも危険性がないのでしょうか?

ヒトプラセンタの危険性について

ヒトプラセンタは医療機関のみで取り扱うことができる種類のプラセンタで、健康な人体から採取した胎盤を使用し、HIVや肝炎など、感染症の疑いがある胎盤は使用されていません。

また、ヒトプラセンタが医薬品となるまでには、特赦な滅菌方法で処理されていますので、その他の細菌に関しても含まれている可能性はゼロ%であるといわれています。

つまり、ヒトプラセンタには危険性がないと判断することができるということです。

豚プラセンタ、馬プラセンタ

この種類のプラセンタは、健康管理や衛生管理が厳重な特定の農場で飼育された馬のプラセンタを使用しています。

さらに、製造過程においては厳しい基準が設けられた検査を受けたのちに製品化されますので、やはり危険性については心配ないと考えることができるでしょう。

特にSPFブタから採取したプラセンタや、サラブレッドから採取したプラセンタは安全性が高く、危険性は極めて低いと考えられています。

このように、日本国内で取り扱われているプラセンタに関しては、危険性に関する心配は必要ないと考えて間違いはないでしょう。

ただし、医薬品専門の業者から個人輸入で購入した羊プラセンタの場合では、その安全性が保障されるものではなく、危険性がゼロであるとは言い切れません。

以上のことから、医療機関ではなく個人でプラセンタを使用するのであれば、危険性がほぼないといわれている豚プラセンタまたは馬プラセンタを選ぶことが、賢明な選択であるといえるでしょう。

危険性がなくても副作用が現れることがある!?

危険性がなくても副作用が現れることがある!?

危険性かほぼないとわかると、プラセンタに対する安心感がグンと高まりますよね。

ですが、危険性がほぼないといわれているプラセンタであっても、投与の方法や体質によっては副作用が現れることがあるようです。

では、プラセンタにはどのような副作用の危険性があるのでしょうか?

ここでは、医療機関のプラセンタ注射でご説明することにします。

プラセンタ注射には、静脈注射と筋肉注射があり、静脈注射の場合では、ホルモン異常やショック症状、血圧低下、呼吸困難などの副作用が現れることがあるといわれています。ただし、これは臨床試験や実験結果であり、実際には副作用が現れるというケースは珍しいと考えられています。

一方で、危険性が低いといわれているのが筋肉注射ですが、この方法もまた、発熱、発疹、悪寒などの副作用が現れる可能性があるようです。ただし、これらの症状はプラセンタ注射後数時間でなくなるといわれていますので、危険性については心配する必要はないでしょう。

また、点滴でプラセンタを体内に取り込むという方法もあり、この場合ではプラセンタとともに数種類の美容成分が配合された薬液を少しずつ体内に送り込みます。

そして、この方法による危険性はほぼないと考えられてはいますが、体質によってはプラセンタと美容成分の相乗作用によって、副作用のような緒症状が現れる可能性が否めないようです。

プラセンタの副作用で健康を害したという報告は現在までに挙がっていないようですが、特にアレルギー体質の方の場合では、どのような形であっても、プラセンタを使用する際には、かかりつけの医師に相談しておくべきでしょう。

プラセンタを使用できないケースも…

プラセンタを使用できないケースも…

胃潰瘍、心疾患、緑内障をお持ちの方、あるいは既往歴がある方の場合では、プラセンタを使用することができない場合もあります。

とはいえ、これはプラセンタを注射やサプリで体内に取り入れる場合のみであり、プラセンタ配合の化粧品であれば、使用に際しての危険性は心配する必要はないでしょう。

これらの疾患をお持ちの方で、プラセンタ化粧品の使用が心配…という方は、治療を受けている(治療を受けていた)医師に相談し、プラセンタ配合化粧品使用の可否を確認してみると良いでしょう。