プラセンタで有名なのは動物性プラセンタだが

プラセンタとは胎盤のことを意味する言葉であり、プラセンタのサプリメントと言うと多くの人が動物由来のものを想像します。
医療機関では治療薬としてヒトプラセンタが使われており、美容クリニックでもヒトプラセンタの皮下注射を自己負担で行っているくらい動物性のものは美容にも健康にも効果があるものです。
ですが、プラセンタは動物性だけではなく動物以外の胎盤を持たない生物からも抽出をされています。
海洋性プラセンタは鮭の卵巣膜を使っており、卵巣膜は筋子の薄皮の部分をサプリメントにしています。
他にもアロエ、クロレラ、ライ麦、トウモロコシ、カッコンなどの胎座を使ったプラセンタがあり、これが植物性プラセンタです。
いずれも栄養成分はたっぷりとあるのですが、動物由来のプラセンタサプリとは区別されるもので、プラセンタのサプリを勧める場合も動物由来を選ぶようにと言われています。
この胎座を使ったプラセンタは動物由来とは何が違うのでしょうか。

植物性プラセンタサプリとは

植物性プラセンタサプリとは

胎座というのは動物の胎盤に相当する部分で、この胎座で発芽が起きます。
胎盤では赤ん坊を生まれても環境に耐えられるほどに成長を促しますので、胎座も同様の役割を果たすとしてプラセンタと呼ばれています。
また、胎座も英語ではプラセンタですので胎盤でなくても誤用ではないのでそのままプラセンタと使われていることもあります。
どちらも育てることが役目になりますから栄養は豊富にあり、胎座にも動物由来のプラセンタに負けないほど豊富な栄養があるのです。
胎座を基に作ったプラセンタのサプリはアミノ酸やビタミン、ミネラルなどを動物由来のサプリと同様に含んでいるため、動物性の代わりに飲むという目的でも問題はないということになります。
しかし、全く同じ効果を求めるとなると胎座に含まれる栄養素や成分だけでは不十分です。
何故ならば動物性プラセンタにはあるものが含まれていないからです。

動物性のプラセンタサプリとは何が違うのか

動物性のプラセンタサプリとは何が違うのか

プラセンタの最大の魅力は成長因子と抗酸化作用です。
医療機関で治療目的に使われたり美容効果が期待出来たり、というのはプラセンタに細胞分裂を促進させて新しく作り変えさせる力があるためです。
胎盤の中にいる赤ん坊は初めから生まれ出た時のサイズではなく、子宮の中で卵から細胞分裂を繰り返し、次第に大きくなっていきます。
これは成長因子によるものであり、人間の体内に入れるとプラセンタの成長因子が細胞分裂を活発に行うようにと促す司令塔になってくれるのでアンチエイジングやダメージを受けた体の修復に繋がるのです。
成長因子は動物性のプラセンタには含まれますが、植物性のプラセンタには含まれません。
成長因子を含まないということは完全にアンチエイジングやダメージを回復させる目的で飲むには適していないことになり、美容目的に使うなど場面が限定されてしまいます。

植物性プラセンタサプリを飲むメリットとは

では飲むメリットは何も無いのかと言えば決してそうではなく、胎座から作ったプラセンタサプリを飲むメリットはきちんとあります。
動物性のプラセンタは人によってアレルギー反応を起こすことがあり、中には重篤な症状を出したというケースも存在します。
胎盤に含まれるアミノ酸がアレルゲンとなるケースがあるため、アレルギー反応が出てしまった人に動物性プラセンタは使えません。
しかし、植物性プラセンタの場合は動物性プラセンタで起こり得るアレルギー反応がありませんし、何より残留ホルモンや病原菌に汚染されている心配をしなくて良いということがあります。
加熱処理をしているとはいえ、それでも病気や残留ホルモンの問題はありますし、生プラセンタであればどれほど異常を排除するように努めているとは言っても100%の安全性は保証されていません。
副作用の心配もありませんし、美容以外にも栄養を補給する目的で使うのならば最も安心して飲めるサプリであると言えます。

プラセンタサプリを選ぶ時は使用目的を明確化しよう

プラセンタサプリを選ぶ時は使用目的を明確化しよう

胎座を用いたプラセンタサプリは発芽を促す部分を使って作られているので栄養成分はたっぷりと含まれていますが、成長因子を持っていないので動物性プラセンタと同様の効果を求めて使うことには不向きです。
しかし安全性が高くトウモロコシやライ麦など、使われているものにアレルギーを持たなければアレルギー反応は起こらないので安心出来ます。
動物性プラセンタから成長因子を抜いたもの、とは考えず種類の違う別のものと考えておくと良いでしょう。
プラセンタサプリを選ぶ時、動物性プラセンタの独特な味が苦手という場合であればあえて避けても良いですがまず目的を明確化させることをおすすめします。
美容や健康、アンチエイジングなど様々な目的があって飲むことを考えますが目的がしっかりと定まっていれば動物性が良いのか植物性が良いのか、海洋性が良いのかを正しく判断が出来ます。
以上のことのように、自分の使用目的に合って最も安全出来るサプリを選ぶようにしましょう。