植物プラセンタとは?植物プラセンタの基礎知識を紹介します!

植物プラセンタとは、植物由来のプラセンタのことです。

「プラセンタって、胎盤から抽出したエキスのことじゃないの?」
「植物に胎盤はないのに、植物プラセンタってどういうこと?」

と思っている方へ、植物プラセンタとは何か、その美容効果など、詳しくご紹介いたします!

植物プラセンタとは?

植物プラセンタとは?

植物の「胎座(たいざ)」から抽出したエキスのことを、植物プラセンタと言います。

植物の「胎座(たいざ)」とは、被子植物のめしべの下端の膨らんだ部分の、種が触れているところです。胎座は、発芽が起きる場所で、発芽した芽を育てるために、豊富な栄養素が含まれています。

胎座(たいざ)から抽出されたエキスは、動物性のプラセンタと同じような働きが期待できることから、「植物プラセンタ」と呼ばれるようになりました。

植物プラセンタには、動物性のプラセンタと同じく、アミノ酸やミネラルが豊富に含まれていますが、含まれる成分には大きな違いがあります。

植物プラセンタは、主に、ライ麦、大豆、アロエ、アセロラなどから抽出したものが使われています。

植物プラセンタの3つの特徴を紹介します!

植物プラセンタの3つの特徴を紹介します!

植物から抽出して作られる「植物プラセンタ」。その特徴を、ご紹介いたします!


植物プラセンタは、安全性が非常に高いプラセンタです

植物プラセンタは、動物から摂取する動物プラセンタと違い、薬やワクチンなどの不純物が混在している心配がありません。また、不純物を取り除くときに有効成分まで減少してしまうと言われていますが、その心配もありません。

植物プラセンタは、プラセンタの中でも安全性が高いものだと言えます。天然由来の成分と同じような感覚で、安心して使い続けることができます。

海外で、植物プラセンタが人気を集めている理由として、宗教上の問題があります。宗教によっては、動物性のプラセンタを摂取することができない方もいらっしゃいます。

植物性プラセンタであれば、宗教上の制限がなく、気軽に摂取することができます。

植物プラセンタは、製造過程が動物プラセンタとは大きく異なります

植物プラセンタは、動物プラセンタと製造方法が大きく異なることも、特徴の一つです。

例えば、豚プラセンタを製造するときは、豚の胎盤から抽出されたエキスのみを使用して作られます。

植物プラセンタは、数種類の植物から摂取した成分を混ぜて作られます。このことから、動物プラセンタとは成分が大きく異なります。

植物プラセンタは、ニオイを気にせずに飲み続けることができます

動物性プラセンタには、商品によっては「獣のニオイ」を感じる方もいます。その匂いが苦手で、「プラセンタを飲みたいけど飲めない…」と悩んでいる方もいらっしゃるようです。

植物プラセンタなら、獣臭を感じず、ニオイを気にせずに飲み続けることができます。

植物プラセンタの美容効果とは

植物プラセンタの美容効果とは

安全性が高く、美肌成分が豊富に含まれている植物プラセンタ。植物プラセンタは、プラセンタ化粧品に多く使われています。

植物プラセンタに期待できる美容効果を、ご紹介いたします。


植物プラセンタで、お肌のハリや潤いをキープ!

植物プラセンタには、動物プラセンタと同様、アミノ酸が豊富に含まれています。

年齢を重ねると、お肌のハリや潤いをキープしているコラーゲンが減少し、しわやたるみ、ほうれい線が目立ち、老けた印象を与えます。

アミノ酸は、コラーゲンを作っている「基礎」の部分です。アミノ酸を摂取することで、コラーゲンが生成され、ハリや潤いをキープできます。

植物プラセンタには、お肌を守る力があります。

植物プラセンタには、ビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれています。

ビタミンやミネラルは、紫外線やストレスからお肌を守ってくれたり、お肌の老化の原因となる「活性酵素」を抑える役割があるため、美肌に欠かせない成分と言われています。

植物プラセンタと、動物プラセンタの違い

植物プラセンタには、動物性プラセンタに含まれている「成長因子(グロースファクター)」が含まれていません。

これが、植物プラセンタと動物性プラセンタの、大きな違いです。

成長因子には、細胞分裂を促す働きがあり、お肌のターンオーバーを活発にするという働きがあります。

お肌のターンオーバーの周期は、通常28日と言われています。しかし、年齢を重ねると、この周期が長くなり、お肌がくすんだ印象になります。

動物プラセンタに含まれる「成長因子」により、お肌のターンオーバーが促され、古い角質やシミ、ニキビ跡などを取り除き、きれいで新鮮な角質を育てることができます。この働きにより、動物プラセンタはアンチエイジングに効果的と言われています。

植物プラセンタには、美肌に導くための美容成分は豊富に含まれていますが、「成長因子」が含まれていないため、アンチエイジングの効果は期待できません。

この違いを、しっかりと覚えておきましょう。

いかがでしたか?動物プラセンタが苦手…というかたは、是非安心して使える、植物プラセンタにチャレンジしてみてください!