選ぶなら動物由来のプラセンタ美容液

プラセンタと言うとの胎盤だけが原料になっていると思っている人もいますが、化粧品に使われているプラセンタも必ずだとは限りません。

化粧品によっては、植物性プラセンタや海洋性プラセンタを使っているものもあるため、何の種類のプラセンタを使っているかを確認しましょう。

植物性プラセンタは大豆などの植物から抽出されたプラセンタで、海洋性プラセンタは鮭の卵巣膜から抽出されたプラセンタですが、これらのプラセンタにも豊富な美容成分が含まれているため、お肌に馴染ませることで高い美容効果が期待できます。

しかし、私達がプラセンタを選ぶ一番の目的は『肌のよみがえり』にありますよね。若々しさや元気がなくなってきた肌を、昔のようにハリツヤのある肌にしたい、肌本来の力を引き出したい。そうした気持ちがプラセンタを求めるきっかけになった人は多いはずです。

そして、肌本来の力を活性化させて元気で美しい肌をよみがえらすためには、単純に美容成分をたくさん入れ込めばいいというものではありません。

もしそうなら、さまざまな美容成分が配合された美容液を選べば済む話ですよね。しかし、それだけでは追いつかないからこそ細胞レベルで働きかけてくれるプラセンタが必要で、細胞を活性化させるためには成長因子が必要になります。

そして、この成長因子は動物性プラセンタにしか含まれていません動物性プラセンタには、お腹の中で急速に細胞分裂を繰り返し成長する力になっている、さまざまな成長因子を含んでいます。

この成長因子があるからこそ、肌の弾力と潤いの源となるコラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンを作り出す線維芽細胞が活性化することができ、肌を正常で健やかな状態に修復し新たに生み出す表皮細胞の活性化で、ターンオーバーの正常化をはかりシミやしわを感じさせない肌を生み出していきます。

繰り返しますが、これは成長因子があってこそのプロセスなので、成長因子を含まない植物性プラセンタや海洋性プラセンタにはできない働きなので、プラセンタを配合している美容液の取り入れ方法のひとつとして覚えておきましょう。

広告を見るとまるで肌が生まれ変わるかのように書いてはありますが、そもそもの成分の働きを考えたときに本当に求めているものはどっちなのか、冷静に見極めて判断することが大切です。

豚プラセンタならSPF豚・馬プラセンタならサラブレット

豚プラセンタならSPF豚・馬プラセンタならサラブレット

美容液に使われているプラセンタが動物性プラセンタだった場合、次はプラセンタが何のプラセンタを使っているかを見るようにします。

ここでポイントなのが豚プラセンタならSPF豚を使い、馬プラセンタならサラブレットの馬を使っていることです。これらのプラセンタがそうでないプラセンタと何が違うのかというと、プラセンタの品質が高いものかそうでないかに関係しています。

SPF豚とは日本SPF豚協会の認定農場で育てられた豚のプラセンタなのですが、ここで育てられたのは病原体や寄生虫に感染していないクリーンななので、安全性はもちろん飼育管理も厳しく管理されているため、高品質なプラセンタであることは間違いありません。

また、馬プラセンタの場合、サラブレットであるというもポイントになります。決して適当な育て方ではなく、こちらも厳しい管理のもと飼育されているため、高品質なプラセンタである証と言えます。

動物性プラセンタならなんでもいいわけではなく、質の高いプラセンタを使うことで安全性をしっかり確率することができ、肌への効果も期待が高まりまることは間違いありません。

プラセンタ濃度と抽出方法で期待値も変わる

さらにプラセンタの濃度は薄くないか、抽出方法は成分をできるだけ壊さない抽出方法なのか、そうしたところも入念にチェックしていきます。

どんなに質の高いプラセンタを使っていたとしても、美容液にする過程で水で大量に薄められていたら意味がありません。そして、抽出方法が、成分を破壊してしまうような方法であれば、効果が減少してしまう原因にもなりかねません。

こんなに良いプラセンタを使っています!と謳っていても、肝心の成分がスカスカだったら使っていないのと一緒です。こうしたこだわりを持っているメーカーは、抽出方法や濃度についてサイトでもしっかり説明がされている場合が多いです。手に取る前にその点はどうなっているのかチェックすることをオススメします。

プラセンタ配合の美容液を使うなら洗顔後がベスト

プラセンタ配合の美容液を使うなら洗顔後がベスト

通常美容液を使うときは、洗顔→化粧水→美容液→乳液・クリームといった順番が一般的です。これは、化粧水で肌に潤いを与えてから美容液で栄養を補うといった考えからなのですが、プラセンタ配合の美容液の場合だと順番が異なります。

もちろん、これも化粧品メーカーにもよるので必ずそうだとは言えないのですが、多くの場合プラセンタの性質上化粧水の前に使うことをオススメしています。

美容液を先に使うというと、本当に大丈夫なのか心配になる人も出てくると思いますが、そんな時はプラセンタの効果を今一度思い出してみるとしっくりくるはずです。

プラセンタは肌本来の力をよみがえらせることで、シミやしわを撃退してハリ潤いのある美肌へと導いてくれるというものですよね。肌本来の機能が衰えていなければ、肌に色々塗り重ねなくても最低限のケアでしっとりとした肌でいられます。

そして、プラセンタには細胞を活性化させることで肌をよみがえらせる力があるため、最初に馴染ませることで成分がダイレクトに行き渡り、細胞活性化のためにイキイキと働いてくれます。

しかし、先に化粧水を入れてしまうと化粧水の水分や成分に邪魔をされてしまい、十分にプラセンタが染み渡ることができないので、プラセンタ美容液の取り入れ方法としてベストな状態とは言えません。

ですから、プラセンタ美容液の効果を十分に発揮させてあげるためにも、洗顔後の清潔なお肌にプラセンタ美容液を優しく馴染ませて、次に入る化粧水の効果をより高めるための土台作りの意味でも、最初に馴染ませる取り入れ方法でチャレンジしてみてください。