メロンプラセンタってどんなプラセンタ?効果は?

メロンプラセンタってどんなプラセンタ?効果は?

メロンプラセンタとは、メロンから抽出されるエキスで、植物性プラセンタに分類されています。

植物性プラセンタは、動物性プラセンタとは異なり、胎盤ではなく胎座という部分から抽出されるエキスですので、厳密に言うのであれば、胎盤という意味を持つプラセンタとは別の成分です。

この部分が、植物性プラセンタと動物性プラセンタの決定的な違いです。

ではなぜ、この成分がプラセンタと呼ばれるようになったのでしょうか?

それは、植物性プラセンタにも、動物性プラセンタと同じような美容効果を期待することができるからです。

メロンプラセンタが抽出される胎座という部分は、植物の成長を促すための栄養素が蓄えられている貯蔵庫のような働きを持っています。

つまり、植物の栄養分が凝縮されているため、お肌につけたり、サプリとして体内に取り込んだりすることによって、乾燥肌の予防や改善ターンオーバーの正常化による美肌効果など、動物プラセンタと同じような効果を期待することができるということですね。

ただし、メロンプラセンタには、動物性プラセンタと同様の、皮下のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの美容成分の生成を促進する効果は期待することはできません。

それは、メロンプラセンタの胎座には、動物性プラセンタに含まれている、成長因子が含まれていないからです。

動物の胎盤には、動物の胎児が細胞分裂を繰り返すための成長因子がたっぷりと含まれていますので、そこから抽出したプラセンタにも、当然のことながら成長因子がたっぷりと含まれています。

つまり、細胞の再生や増殖に役立てることができるということになりますが、成長因子を含まないメロンプラセンタの場合では、細胞の再生や増殖効果を期待することができません。

このように、プラセンタと名がついても、動物性プラセンタとメロンプラセンタでは、そもそもまったく異なった性質を持っています。プラセンタ製品をお探しの方は、プラセンタという言葉だけに惑わされるのもではなく、それぞれのプラセンタの性質をきちんと理解した上で、製品選びを行いましょう。

メロンプラセンタのメリット・デメリット

メロンプラセンタのメリット・デメリット

成長因子を含まないのであれば、メロンプラセンタの効果はあまり期待できない?と考えてしまいがちですが、メロンの胎座にも素晴らしい栄養成分が含まれていますので、美容効果を期待することができるでしょう。

メロンプラセンタには、以下の栄養成分が含まれています。

  • アミノ酸
  • ミネラル
  • ビタミン

これらの成分は、お肌のターンオーバーの活性化や美白効果、そして、わずかながら皮下のコラーゲン生成に役立つと考えられています。

では、メロンプラセンタのメリットは、どのような部分にあるのでしょうか?

まず、動物アレルギーの方でも安心して使用することができるというメリットがあります。

また、アミノ酸をはじめとする栄養成分を含んでいるため、お肌の栄養バランスを整えながら、美肌作りを行うことができるという点も、メリットとして挙げることができるでしょう。

さらに、メロンプラセンタを配合している製品は、動物性プラセンタを配合している製品よりも安価な価格での入手が可能という点も、大きなメリットですね。

では、メロンプラセンタのデメリットはどのようなところにあるのでしょうか?

それは、成長因子を含まないため、細胞の活性化や増殖効果を望むことが難しいという点にあります。

このように、メリットもデメリットもあるメロンプラセンタではありますが、副作用やアレルギーの心配はほぼないと考えられていますので、特に動物アレルギーの方は、この機会にメロンプラセンタを試してみると良いでしょう。

メロンプラセンタの使用方法について

メロンプラセンタの使用方法について

メロンプラセンタ配合化粧品を使用してみるというのが、最もお手軽な方法です。

メロンプラセンタを配合している化粧品には、化粧水や美容液などがありますので、まずはどれか1点購入してみて、メロンプラセンタの効果を確認してみると良いでしょう。

また、身体の内部からケアを行いたい方は、メロンプラセンタ配合のサプリを試してみるという方法がおすすめです。

メロンプラセンタ配合のサプリは、普段からアミノ酸やミネラル、ビタミン類の摂取が不足している方にもおすすめできます。

ただし、サプリの場合では、それ単品では効果の現れ方が遅いという特徴がありますので、サプリを試してみるのであれば、メロンプラセンタ配合の化粧品との併用がおすすめできるでしょう。