グロースファクターとアミノ酸の美肌効果

グロースファクターとアミノ酸の美肌効果

美肌を目指す女性の間でプラセンタのサプリメントは大人気ですが、プラセンタが配合されているならばどのサプリメントでも良いということではありません。
プラセンタサプリは高品質なものほど有効成分の含有量が多く、高い効果が期待できるからです。
プラセンタの美肌効果は「グロースファクター(成長因子)」と「アミノ酸」によってもたらされます。
この2つは若い頃のみずみずしいお肌を取り戻すには欠かすことのできないものです。
まずグロースファクターについてですが、プラセンタには線維芽細胞増殖因子(FGF)や上皮細胞増殖因子(EGF)といった成長因子が豊富に含まれています。
FGFは真皮層にあるコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促します。
ご存知の通り、コラーゲンやヒアルロン酸はお肌のハリを保つための欠かすことのできないものであり、シワやたるみを解消してくれます。
一方、EGFはお肌の表面近くにあり肌細胞の分裂や増殖を促します。
色素沈着が見られる古い肌細胞が新しい肌細胞と入れ替わることでシミやくすみが解消され、透明感あふれるお肌となります。
次にアミノ酸ですが、アミノ酸は皮膚の原料となりますから不足すると健康な肌細胞が不足してお肌の不調に繋がります。
また、アミノ酸はコラーゲンの原料でもありますからしっかりと摂取しないと肌の弾力がなくなってしまいます。
このように高い美肌効果を期待するためにはグロースファクターとアミノ酸を多く含んだ高品質なプラセンタサプリを摂取することが大切なのです。

原料によって含有量が違う

原料によって含有量が違う

では、有効成分を多く含むプラセンタサプリを選ぶにはどのような点に注意すればよいのでしょうか。
1つのポイントとして、サプリメントの原料をチェックする方法があります。
現在、サプリメントの原料として使われているのは馬プラセンタ豚プラセンタ羊プラセンタの3つです。
このうち羊プラセンタについては国内での生産が許されておらず輸入品としてのみの流通となるので、実質的には豚のプラセンタを選ぶことになります。
この2つのプラセンタの品質を比較すると、より高品質なのが馬プラセンタです。
高品質な馬プラセンタは国産のサラブレッドの胎盤から抽出されたプラセンタエキスを原料としていますが、サラブレッドは豚に比べると非常に体が大きく胎盤のサイズも大きいのが特徴です。
さらにサラブレッドは妊娠期間が長いため、胎盤に含まれるグロースファクターやアミノ酸の量が豊富です。
サプリメントを選ぶ際には馬プラセンタが原料の物を選ぶようにしましょう。

抽出方法も忘れずチェック

抽出方法も忘れずチェック

グロースファクターやアミノ酸の含有量は抽出方法によっても変わってきます。
加水分解法など比較的古くからある抽出法では胎盤から抽出されたプラセンタエキスに酸性の物質を加えることで細胞膜を破壊しますが、この時にグロースファクターやアミノ酸の一部も一緒に破壊してしまうという欠点があります。
また、凍結分解法では凍結と解凍を何度も繰り返すことで細胞膜を破壊しますが、この方法も加水分解法ほどでなはいもののグロースファクターやアミノ酸を破壊してしまうので高品質とは言えません。
高品質なプラセンタサプリは酵素分解法という抽出方法が使われています。
これはプラセンタエキスの中に含まれる不要な成分に酵素を使って分解することでグロースファクターやアミノ酸を壊さずに抽出する方法です。
この方法だと有効成分を本来の形のままで取り出せるのでより高い効果が期待できます。

含有量の比較は原末換算で

サプリメントには必ず配合量が表記されていますが、実はこの表記方法には統一されたルールがないので、単純に「○○mg配合」といった表記を鵜呑みにしてしまうと失敗してしまいます。
一般的に表記にはエキス換算と原末換算の2つがあるので、この2つをしっかりと区別する必要があります。
たとえば、馬の胎盤から抽出したプラセンタエキスがあったとします。
このエキスの中には水分や不純物も含まれているので、この中からグロースファクターやアミノ酸だけを抽出したものが原末となります。
エキス10,000mgから原末が200mg生成された場合の配合量の表記はエキス換算では10,000mg配合となり、原末換算では200mg配合となります。
ですから、両者を比べても何の意味もないのです。
また、先程も説明したようにプラセンタは抽出方法によって量が変わります。
同じエキス10,000mgから100mgしか製造できないこともあれば200mg製造できることもあります。
ですから、含有量でプラセンタを選ぶ時は原末換算で比較するのがオススメです。

含有量だけでなく安全面も考慮して選びましょう

このようにグロースファクターやアミノ酸が豊富に配合されたサプリメントを選ぶ時には、原料に馬サプリメントが使われているか、そして、抽出方法にどのような方法が採用されているか、また、原末に換算した量で多いものを選ぶようにするということが大切です。
抽出方法については表記のない商品もありますが、箱には書かれていなくてもホームページには記載されていることもあるので、ネットで調べてみると良いでしょう。
プラセンタについては含有量だけでなく安全性を比較することも大切です。
馬プラセンタを原料とするサプリメントの中には非常に値段の安い商品もありますが、そういった商品はサラブレッドではなく農耕馬や食用馬の胎盤が使われていたりするので、品質的に少し劣ります。
また、せっかく高品質なプラセンタが使われていても防腐剤などの添加物が使用された商品は安全面で不安があります。
サプリメントは長く飲み続けるものなので安心して飲めるものがオススメです。