馬油と馬プラセンタはベツモノです

馬油と馬プラセンタは、まったく別の成分です。それではまず、両者の違いについてご紹介しましょう。

馬油とは?

馬油とは?

ウマアブラとは読まず、バーユまたはマーユと呼ばれる成分で、馬の皮下脂肪が主成分となっています。そのため、脂肪特有の臭いがあり、お肌につけると臭いが気になることも少なくはありません。

最近では、香料を配合した馬油も販売されるようになってはいますが、臭いに敏感な方は、香料を配合していてもやはり臭いが気になるかもしれません。

では、馬油にはどのような効果を期待することができるのでしょうか?

馬油は古くから、民間治療薬として日本国内で用いられてきており、主としてやけどの治療薬やひび、あかぎれの治療薬などとして活躍してきた成分です。

それは、馬油に殺菌作用や抗炎症作用があるからです。

そして現在では、保湿クリーム、あるいはシャンプーやコンディショナー、トリートメントに保湿成分として配合されており、保湿クリームの場合では、乾燥肌の改善だけではなく、小じわの予防や改善や、アトピー肌の症状の緩和にも役立つと考えられています。

また、馬油は大変優れた浸透作用を持ち、バリア機能が壊れた状態のお肌に於いては、角質間脂質のセラミドと同様の役割を果たすといわれています。

最近では、食用として馬油サプリも登場してきています。

馬プラセンタとは?

馬の胎盤から抽出される成分で、馬油には含まれない成長因子が含まれています。成長因子には細胞の代謝や修復などの作用があり、特に肝機能障害の改善や更年期障害の改善などに役立つ成分であると考えられています。

また、細胞の代謝を促す働きにより、お肌のターンオーバーの正常化をはじめとする、アンチエイジング効果も期待することができると考えられています。

馬油、馬プラセンタともに、化粧品やサプリから体内に取り込むことができます。

馬油と馬プラセンタ、それぞれの効果の違いについて

馬油と馬プラセンタ、それぞれの効果の違いについて

馬油には、αリノレン酸、オレイン酸、リノール酸などの成分が多く含まれているため、人間の肌との相性がとても良いといわれています。

そして、浸透が早いというのが馬油の特徴ですので、肌につけると角質層に素早く馴染み、高い保湿効果を発揮します。さらに、馬油には殺菌作用もありますので、ニキビの改善にも役立ちます。

では、馬油で副作用のような症状が現れることはないのでしょうか?

馬油をお肌につけると、一時的に血行が良くなり、お肌がやや熱くなったり、赤くなったりすることがあります。また、ターンオーバーの促進作用によって、古くなった角質層がポロポロと取れることもあるようです。

その他については、特に副作用のような症状が現れる心配はないと考えられています。

一方で、成長因子が含まれる馬プラセンタには、細胞の新陳代謝促進効果を期待することができますので、肝機能障害の改善や滋養強壮効果、さらに、自律神経系統の働きを整える働きがありますので、更年期障害の緒症状の緩和に役立つと考えられています。

また、サプリから体内に取り込んだ場合では、細胞の活性化効果によって皮下のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の生成に役立つといわれています。

これらの成分は、もともと私たちの体内に存在していますが、年齢を重ねるごとにその生成量が減り、これが老化肌を作り出す原因になります。

そして、馬プラセンタによって皮下の美容成分の生成が促進されれば、アンチエイジング効果を期待することができるということになります。

馬プラセンタもまた、副作用のような症状が現れる心配はほぼないと考えられてはいますが、体質によってはアレルギー症状が現れることも考えられますので、アレルギー体質の方は注意深く使用する必要があるでしょう。

馬油と馬プラセンタの上手な使い方

馬油と馬プラセンタの上手な使い方

馬油と馬プラセンタが異なる成分だということをご理解いただけたのではないでしょうか。

これらの成分は、ともに化粧品やサプリとして製品化されていますので、どちらか迷ったのであれば、保湿やニキビの改善を目的とするのであれば馬油の化粧品、肝機能障害や更年期障害の改善であれば馬プラセンタのサプリというように、目的に合わせて上手に使い分けてみてはいかがでしょうか。

馬油と馬プラセンタは、化粧品、サプリともに、ほぼ似たような価格で販売されていますので、それぞれの特徴や期待できる効果をよく確認した上で、ご自身が必要としている製品を選んでみると良いでしょう。

馬油の化粧品はドラッグストアなどでも購入することができますが、馬油や馬プラセンタのサプリや、馬プラセンタ配合の化粧品となると、ドラッグストアでは購入することが難しいと考えられますので、ひとまず通販で製品選びを行ってみることをおすすめします。