女性の体にある働きとは

女性の体にある働きとはエストロゲンとプロゲステロンといった二つのホルモンが、女性の体には分泌されています。このホルモンの影響を受け、若い世代には月経前に月経全緊張症と呼ばれる症状が起こります。人によって出てくる症状は異なりますが、肩こりや腰痛、下腹部痛などの痛みから、イライラする、訳もなく気分がふさぐなどメンタルへの影響も出てきます。プロスタグランジンというホルモンが多く分泌されると、月経痛を引き起こし、人によっては枕から頭も上がらないほどの重い生理痛に悩まされるケースもあります。一方で、月経前にも特に何の症状もなく、月経痛もないという人もいて、非常に差が激しいものだといえます。なぜひどい人とそうでない人がいるのかははっきりしませんが、性格や生活スタイルなどが関係していると言われています。体内の状況が原因となっていると考えられるのは、ホルモンバランスがうまく整っていないことが一番の要因です。過度なダイエットや強いストレスによって、いとも簡単に均衡を保っていたバランスは崩れてしまいます。

女性の体の中に生まれた臓器

プラセンタが胎盤のことというのは、美容に関心がある女性なら大抵みなさん知っているでしょう。妊娠すると体の中に作られる特別な臓器であることから、プラセンタサプリが女性のホルモンバランスの乱れを整えてくれるという説にも、なるほどと思えるのではないでしょうか。プラセンタは女性ホルモンの乱れを整え、さらにそのバランスを安定させるという効果があることがわかっています。若い女性なら、安定した月経周期になるように導いてくれるでしょう。40代半ばごろから始まるとされる更年期障害は、エストロゲンの減少が原因でさまざまな症状が引き起こされます。しかしながら、エストロゲンが減少するからと言ってエストロゲンを補充すればいいかというと、そうとも言えません。あまりに補充しすぎると、今度は乳がんなどのリスクがかえって高まってしまいます。少なくなったら少なくなったで、更年期を迎えたその状態でもっともバランスがよくなるようにプラセンタサプリに働いてもらうのが、一番よい方法です。

なぜホルモンバランスが整うのか

なぜホルモンバランスが整うのかプラセンタを摂取すると、なぜ女性ホルモンのバランスが整うのか、不思議に思えてくるのではないでしょうか。もっとも大きな要素は、プラセンタにはもともと体内のさまざまなアンバランスを整えようとする働きがあるということが挙げられます。若い世代に多い月経前緊張症にしろ、40代半ばからの更年期障害にしろ、プラセンタからすると女性ホルモンの乱れ以外の何物でもありません。そのため、崩れたバランスを整え、さらに安定化させてくれますので、バランスの乱れから生じていた数々の不調が改善されるというわけです。このプラセンタが持つバランスを保つという働きは、胎盤の仕組みを考えると理解しやすいでしょう。胎盤は受精卵という小さな卵を、母親の体外へ出てしっかりと生きていける内臓器官と体に作り上げていくのですから、バランスを整えるくらい朝飯前といったところかもしれません。

安定させるものはほかにもあります

安定させるものはほかにもありますプラセンタによるホルモンバランスを整える働きは、女性ホルモンの分泌を調整し、さらには安定化してくれるだけではありません。イライラや気持ちが落ち込むといったメンタルに関する症状に関しては、自律神経が関係しています。ホルモンバランスが乱れているときというのは、分泌作用と一緒に自律神経も不安定になっており、メンタル面の不調は自律神経を整える必要があります。プラセンタは自律神経にも働きかけ、分泌作用と同じように整え、さらに安定化させようとします。体の不調が和らげば、メンタルにもよい影響を及ぼすのは必至ですが、分泌作用とは別に自律神経にも働きかけてくれるので、イライラや気持ちの落ち込みといった症状がぐんと軽くなるというわけです。ただし、プラセンタサプリを飲めばなにかも改善できるというわけではなく、プラセンタの効果を相殺してしまうような行動があれば、せっかくの働きもその威力を発揮することができません。過度なダイエットや体を冷やす服装などは、自分ですぐにでも改善できます。また、大きなストレスを感じているのであれば、ストレス対策に取り組む必要があります。加齢によりエストロゲンが減少してしまうのは致し方ない事ですが、それすらも大豆製品を適度に摂取するなどしていれば、プラセンタと相乗効果を発揮するでしょう。

生活の中にサプリを採り入れよう

女性ホルモンのバランスは、ちょっとしたことで簡単に崩れてしまいます。それを助けてくれるのがプラセンタの力だということを理解していれば、プラセンタサプリを摂りつつ、自分自身は毎日の生活の中で何をしなくてはいけないかを考えるようになるのではないでしょうか。