二日酔いになってしまうのは何故なのか

二日酔いになってしまうのは何故なのか

お酒を飲む人ならば一度は経験したことがあるのが二日酔いです。
味が良いというのもありますが、お酒を飲むと気分が高揚しとても楽しくなるため、ついつい翌日に持ち越さない範囲を超えて大量に飲んでしまいます。
急性アルコール中毒になって救急車を呼ばれるまで飲まなくとも、飲みすぎれば時間差で体調不良を起こすことになります。
何故翌日に体調不良を起こしてしまうのかと言うと、理由は様々で日本酒に多く含まれるアデノシンが原因であったり、アセドアルデヒドによる害であったり、他にも胃酸過多や脱水、低血糖症、酸欠などによる影響があります。
飲みすぎたから、と言っても様々な理由がありどう対策を立てるかによって体調不良を早期に改善出来るかどうかの変化が現れます。
脱水が原因なら水分を多く摂取することで気分は良くなりますし、酸素不足によるものなら酸素水や酸素吸入器を使うことで改善が出来ます。
しかし、それ以外が要因の場合はなかなか改善が難しいのです。

プラセンタサプリが二日酔いに効く理由

プラセンタサプリが二日酔いに効く理由

プラセンタは体の異常を正常に整える働きをしてくれるため、例えば胃酸過多が原因の場合は正常に分泌するようにと働きを抑えてくれます。
アルコール分解は肝臓で行われているため、程々の量で押さえているのであれば肝臓もアルコール分解が正常範囲内で行われるのですが、大量に飲んで分解が追いつかないと様々な体調不良を起こすのです。
アルコールよりも毒性の強いアセドアルデヒドも肝臓で分解をしていますし、ウイスキーなどに含まれるメタノールはアルコール分解の10倍もの時間を要します。
プラセンタは低下した肝臓機能を高め、正常域に戻してくれるためアルコールなど諸々の分解を促進し、体調不良を抑えてくれます。
体調不良に繋がるのは体に有害なものが残っているためですから、それさえ無くなってしまえば気持ち良く目覚めることが出来ると言えます。
このように、プラセンタは肝機能の向上を促してくれるので体にお酒が残らないというわけです。
元々ヒトプラセンタは肝機能の治療目的で使われていますから、肝臓との相性は抜群ですし動物由来のサプリメントであれば同様の効果が期待出来ます。

プラセンタはどのタイミングで飲めば良い?

肝心なのはプラセンタをどのタイミングで飲むかということですが、これはお酒を飲む前か、お酒を飲んだ後にして下さい。
直前に飲む場合はお酒を飲む30分から1時間ほど前に飲んでおき、アルコールと混ざらないようにしておくと良いでしょう。
出来ればお酒を飲む前に飲んだ方が効果的ですので、出来るだけ忘れないように飲むようにしましょう。
アルコールとサプリが混ざってしまうと栄養成分を壊してしまうため、望むような効果を得ることが出来なくなります。
このためアルコールと一緒にプラセンタを飲むのは無意味ですので避けるようにしましょう。
もし飲み忘れてしまった場合は起きたすぐに飲むようにすると、アルコールの分解で疲弊して落ちた肝機能を向上させてくれます。
プラセンタは吸収が悪く、サプリメントでもタブレットやカプセルタイプのものだと思うように吸収されず効き目が薄いこともあります。
確実に効いて欲しいのであればドリンクタイプのものを選んだ方が吸収は良く、動物由来のもので特に栄養成分の高い馬由来のものを選ぶようにしましょう。

ウコンよりもプラセンタの方が良いのか

二日酔いに効くと評判のものにウコンがあり、お酒を飲む前に飲んでおくものとして認知されています。
ウコンには肝機能を予防、改善、強化する効果があるため、アルコール分解をする肝機能の手助けをしてくれる力があるのです。
正常域に引き上げるプラセンタと同じように肝機能の状態回復に努めてくれるのでウコンを飲むと良いのです。
また、サプリメントとして売っているものはウコンだけではなく様々な成分が入っているのでより二日酔いに効果があるように作られています。
だからウコンを飲んで対策をとってもそれはそれで構わないのですが、プラセンタの場合肝機能だけではなく体全体の不調を整える力があり、アルコール分解が上手く出来ていないことが原因の体調不良については効果が無いのです。
どのような理由で今の状態になっているのか、ということを自己判断では正しく見極めることが出来ません。
その為、トータル的に効くものを摂取した方がより対策に適しているからこそプラセンタの方が良いのです。

おつまみにも工夫をしよう

おつまみにも工夫をしよう

プラセンタサプリを事前に飲んでおけば安心してお酒を楽しむことが出来ますが、それでもプラセンタでもカバーしきれないほどに大量に飲めばやはり翌日の体調不良は覚悟しなければなりません。
サプリを飲みつつ翌日に持ち越さないように控える努力をし、それが難しいのであればおつまみに注意を払うようにしてみて下さい。
例えば牡蠣やチーズ、赤身の牛肉などをおつまみにすると、アルコールの分解酵素を働かせる役目を担う亜鉛の摂取が出来、肝機能を低下させないように出来ます。
プラセンタの効果と合わさるので相乗効果が期待出来ると言えるでしょう。

無茶な飲み方はせず、健康のためにもなるべく程々に切り上げるのがおすすめです。
以上のように、プラセンタサプリを効果的に利用することで二日酔い軽減の心強い味方になるでしょう。