プラセンタ選びの基本は動物の種類のチェックから

プラセンタ選びの基本は動物の種類のチェックから

プラセンタは哺乳類の胎盤から抽出することができる成分です。
胎盤は母体と赤ちゃんを結ぶ役割をしており、たった10カ月で人間を1つの受精卵から約3000gに育てることができます。
アミノ酸やタンパク質、脂質などの栄養素が豊富なうえ、成長因子と呼ばれる細胞の新陳代謝を促す成分も多く含まれています。
プラセンタは人の胎盤にはもちろん、、牛などの胎盤にも含まれています。
人の胎盤から抽出された人プラセンタは医療機関で取り扱われ、化粧品やサプリメントに配合されることはありません。
化粧品やサプリメントにはなどのプラセンタが配合されています。
動物の種類によってプラセンタの特徴が変わってくるので、プラセンタサプリを選ぶ場合は、原料となる胎盤がどの動物のものかをチェックするようにしましょう。
また、サプリメントにどの程度プラセンタが含まれているか確認することも大切です。

最も多く流通している豚プラセンタ

最も多く流通している豚プラセンタ

化粧品やサプリメントに配合されている多くのプラセンタは、豚の胎盤から抽出されたものになります。
豚は数多く飼育されている上に、1年に2回出産を行います。
原料となる胎盤が入手しやすいため、プラセンタの主流として利用されています。
日本で抽出される豚プラセンタは、胎盤を洗浄、加水分解、酵素分解、ろ過、滅菌と、多くの工程を得て抽出されます。
プラセンタを抽出する段階で、しっかりと加熱処理をおこない殺菌します。
さらに残留農薬がないかのチェックや微生物数の管理をおこなうため、とても高い安全性を誇っています。

海外製の豚プラセンタは、胎盤と一緒に子宮も加えてプラセンタを抽出することが多くなります。
これは食生活の違いが関連していると考えられています。
海外製も日本製同様、安全性が高いものが多いですが、国によって豚そのものの飼育環境が変わってきます。
また、日本で作られたプラセンタサプリでも、原料となるプラセンタは海外から輸入していることもあります。

高品質が魅力の馬プラセンタ

高品質が魅力の馬プラセンタ

豚プラセンタのほかに、馬プラセンタも化粧品やサプリに良く利用されています。
馬プラセンタの魅力は、なんといっても高い質です。
そのため、高級なプラセンタサプリに利用されることが多いです。
馬の飼育環境は豚よりも整備されています。
広い獣舎で育てられ、餌にも気を配られています。
さらに馬は豚よりも体温が高いため、寄生虫が住み着きにくいという特徴があります。
予防接種や薬物投与の必要がないため、質の高いプラセンタを抽出することが可能になります。
実際、馬プラセンタ豚プラセンタと比べ、約1.2倍アミノ酸が豊富だというデータがあります。
馬プラセンタの中でもサラブレッドの胎盤から抽出されたものは、特に品質が高くなります。

これは、サラブレッドの飼育には調教師や獣医がつくことが理由です。
さらにサラブレッドの出産には獣医が必ず立ち合うため、胎盤をすぐに回収できることも要因しています。

栄養成分表示を確認しよう

プラセンタが、どの動物のものかをチェックしたら、次は原末量に注目してみましょう。
原末とは、プラセンタエキスから水分を取り除き、粉末にしたものを言います。
ですので、原末量が高いものほど多くのプラセンタが配合されていることになります。
しかし、原末量はメーカーによっては、純末、エキス末などと表示されることもあり、比較することが難しい場合があります。
そんな時は栄養成分表示を確認するのがおすすめです。
プラセンタを摂取すると美容と健康維持に効果的ですが、その多くがアミノ酸の働きによるものです。
このアミノ酸はタンパク質に分類されるため、栄養成分表示をチェックしてタンパク質が多いものを選ぶことで、プラセンタが多く含まれているものを選びやすくなります。
栄養成分表示は100gあたりのデータを公開しているので、複数のサプリでも楽に比較検討することができます。

プラセンタを効果的に摂取するには

上記のように、プラセンタは美容と健康維持に効果のある成分です。
摂取することで体のバランスを整えることができるので、肌の乾燥、しみ、くすみのケアに加えて、基礎代謝の向上や自律神経の調整も期待できます。
プラセンタを選ぶ場合は、原料となる動物の種類をチェックすることからはじめてみましょう。
プラセンタの主流はですが、高価な化粧品やサプリには馬プラセンタが使われることが多いです。
さらにパッケージに表示されている栄養成分表示をチェック、タンパク質が多いものを選ぶのもおすすめです。
ですが、プラセンタを効果的に摂取するなら、継続して服用することが1番重要になってきます。
さらに、目的にあわせてプラセンタ以外の成分に注目するのも有効です。
肌の保湿を期待するならヒアルロン酸コラーゲン、貧血予防なら鉄分、葉酸などが含まれたものを選ぶことも意識してみましょう。