豚プラセンタの基礎知識を紹介!その美容効果とは?

栄養素の高さから、美肌効果抜群と言われている「プラセンタ」。主に、豚や馬、羊、ヒトの胎盤から採取したエキスを「プラセンタ」と言います。

どの動物の胎盤から摂取したかにより、その美容効果も変わってきます。

今回は、豚プラセンタの基礎知識や美容効果、おすすめの摂取方法について、詳しくご紹介いたします!

豚プラセンタとは?豚プラセンタの基礎知識を紹介します!

豚プラセンタとは?豚プラセンタの基礎知識を紹介します!

豚プラセンタは、数あるプラセンタの中でも、最もポピュラーなプラセンタです。現在流通している、ほとんどのプラセンタサプリメントやプラセンタ化粧水に、豚プラセンタエキスが使われています。

その理由とは?

豚プラセンタは、お手軽な価格で購入できます

豚プラセンタは、一度に多く摂取することができるプラセンタです。

豚は、1年に2回子供を産みます。1回の妊娠期間が約114日と短いのが特徴で、1回に出産する数も10匹程度と言われています。このことから、1年間で約20回、1頭からプラセンタを採取できるという計算になり、豚プラセンタはヒトプラセンタや馬プラセンタに比べて摂取しやすく、値段も手ごろになります。

豚プラセンタは、有効成分がバランスよく配合されています

豚プラセンタには、アミノ酸やタンパク質、核酸、成長因子などのお肌に良い成分がバランスよく配合されています。そのため、多くのプラセンタ商品に使用されています。

豚プラセンタは、人と相性が良いプラセンタです

豚は、人の臓器移植に用いられることがあるなど、分子の構造が人間に近く、相性がいい動物と言われています。

人と相性が良い豚プラセンタは、体に入ってからの吸収率も高く、美容効果を発揮しやすくなります。

ヒト由来のプラセンタは、プラセンタエキスを抽出する過程の中で、有効成分のほとんどを失ってしまいます。そのことからも、豚プラセンタの方が効果が高いとされ、多くのプラセンタサプリメントやプラセンタ化粧品に、豚プラセンタ使われています。

豚プラセンタの美容効果に関する知識を紹介します!

豚プラセンタの美容効果に関する知識を紹介します!

私たち人間と相性が良く、吸収率が高いと言われている、豚プラセンタ。その美容効果をご紹介いたします。


豚プラセンタでお肌の潤い・ハリUP!

豚プラセンタには、お肌のハリUP・潤いキープに欠かせない「アミノ酸」や「タンパク質」がバランスよく配合されています。これらの成分がコラーゲンを構成し、ハリのある、潤い肌へ導きます。

豚プラセンタを摂取することで、年々減少していくお肌のコラーゲンを増やすことができ、お肌のハリ感や潤い感を取り戻すことができます。

豚プラセンタは、高いアンチエイジング効果が期待できます!

豚プラセンタに配合されている「成長因子」。成長因子は、皮膚を細胞レベルで若返らせてくれるタンパク質です。

年齢を重ねると、お肌の中の成長因子が減少します。成長因子が減少すると、細胞が老化し、ヒアルロン酸も減少し、お肌がうるおい不足となり、シワやほうれい線、たるみやくすみが目立つようになります。

豚プラセンタを摂取することで、成長因子がお肌のターンオーバーを促し、お肌の透明感、潤い、ハリ感を取り戻すことができます。

豚プラセンタを選ぶときに大切な知識

豚プラセンタを選ぶときに大切な知識

最も私たちの身近にあるプラセンタ、豚プラセンタ。豚プラセンタを選ぶときには、【SPF豚から作られるプラセンタ】がおすすめです。その理由とは?


豚プラセンタは、有効成分が失われていることも

プラセンタは、動物の胎盤から摂取して作られます。その動物が、何を食べて、どのような環境で育ってきたかが、重要になってきます。

豚は、病気などにかかりやすい動物だと言われています。そのため、ワクチンや薬を投与される機会が多い動物です。その為、胎盤(プラセンタ)にも不純物が混ざりやすくなり、この不純物を取り除く段階で、プラセンタの有効成分もいっしょに失われてしまうと言われています。

国内産SPF豚は、徹底的に管理された環境で育てられています

日本SPF豚協会によって、厳格な基準に沿って育てられた豚を「SPF豚」と言います。

SPF豚は、徹底した環境の中で育てられているので、病気になりにくいと言われています。その為、抗生物質などを一切与えられずに育てられ、胎盤(プラセンタ)に不純物が混ざりにくいと言われています。

不純物が少なく、プラセンタを製造する過程の中でも処理が少なくて済むので、製造時に失われる有効成分も少なくなります。

豚プラセンタを選ぶときは、「SPF豚」から抽出された豚プラセンタを選びましょう。

安心・安全な海外産の豚プラセンタもあります

日本のSPF豚のように、海外でも、徹底した環境の中で育てられている豚がいます。また、豚プラセンタを海外から輸出する時に、厳しい品質チェックを行っているものもあります。

このように、厳しく管理された環境で育てられ、輸出の際にも厳しい品質チェックを行っている豚プラセンタは、海外製のものでも安全性が高いと言えます。

「不純物が残っていそう」「有効成分が少ないんでしょ」と、豚プラセンタの品質に不安がある方は、そのメーカーのHPなどで、豚プラセンタの原料などを確認してから、その製品を選ぶようにしましょう。

いかがでしたか?

私たちの最も身近にある、豚プラセンタ。どのような環境で育てられた豚から抽出した豚プラセンタかをよく見極め、有効成分が豊富に含まれているものを選びましょう。良質な豚ぷらエンタを選び、摂取することで、より、プラセンタの効果を実感できます。